カテゴリ:レッスン( 5 )

My Graduate Wreath

f0200036_23511323.jpg


一年半にわたって通ったhanatutumiさんでのレッスンが終了しました。

リースを作るうえでの技術はもちろんのこと、草花との寄り添い方、自分らしいリースを作ることの大切さなど教えていただいたことがたくさんありました。

写真のリースはその一年半の集大成ともいえるリース。
想いを込めて作り上げました。

hanatutumiのmikiko先生の作るリースが素敵な理由はそこに想いがあるから。
それが私がレッスンを通して学べたことだと思います。
どんなに形がきれいでも、素晴らしい花材を使ってもそこに想いがなければ
薄っぺらなものになってしまう・・。

ビニールハウスで大切に育てられた花、踏まれてもなお咲き続ける道端の花
どんな花にも気持ちを寄せて、リースを作り続けていこうと思います。

一年半、紆余曲折しながらも本当に楽しく勉強させてもらいました。
一緒に通ったメンバー、mikiko先生に感謝・感謝です。

これからも自分の作っていきたいリースを自分なりに追求して
m*Flowerのリースを楽しみにしてくださる皆さまにお届けできるよう
がんばっていこうと思います。
[PR]
by m_flower22 | 2010-12-12 23:49 | レッスン

思いを込める


f0200036_12413976.jpg


昨日はhanatutumiさんのレッスン。宿題で作ったリースです。

『馬酔木(アセビ)』を生の状態から、自分で選んだ花材と組み合わせてリースを作るというもの。
生のアセビはそれはきれいなグリーンでしたが日がたつにつれブロンズに変化していき
葉っぱのうねりも加わる・・。
それを想像するのは難しいのですが、想像力を働かせどんな花材と組み合わせるか考える・・
という内容の宿題でした。
大変なのですが、楽しいのも事実。

hanatutumiのmikiko先生のリースを見て、こんなリースが作りたい!という一心で
レッスンに通い始め初級、中級、上級と重ねてきました。
もうすぐレッスンも終わろうとしています。

お花だけに関してではなくもの作りをしている人にとってこれでいい・・
という『終わり』はありませんよね・・。
私も例外ではなく貪欲に色々なレッスンを重ねてきました。

先日、2年近くかけて日本園芸協会のドライフラワーアーティストの講習も終わらせました。
この講習を終了すると一応ドライフラワーアーティストと名乗れるそうです。笑
机上の勉強は確かに役に立つことも多いです。

ただそれだけではない、教科書では教えてくれないようなことを
hanatutumiさんではたくさん学べました。

言葉で言い表すのは難しいのですが、ひとくくりに言うと『思いを込める』ということ。
mikiko先生は「hanatututmiのリースを作って欲しいんじゃない、自分のリースを作って欲しいんだ」と昨日も力説してくださいました。

その言葉を聞いて私もなんだか胸のつかえがとれたような気がします。
最近、目指す方向性にちょっと自信をなくしかけていたので・・(笑)


技術はたくさん作ればたしかに上手になる・・
ただ大事なことはお花に寄り添うこと。
上のリース一つをとってもその花材の特性を知れば、生かすリースを作ることができる・・。
それは実際、その花材を手に取ってみないことにはわからないことです。
そんな花材のことも色々と学ぶことができました。


目指すところはhanatutumiさんのような自然と寄りそうリースを作っていくことですが
でも今は自分の作りたいものを表現していく足元固めもきちんとすることを心がけていきたいです。


さてさて・・明日で9月も終わります。
いや~本当に早いなぁ・・。

来月はイベントや新規開店のお店の委託など盛りだくさん!

がんばっていきましょう!!



m*Flower webshop http://m-flower.shop-pro.jp/




ブログランキング参加中です。
ワンクリックで応援お願い致します♪
[PR]
by m_flower22 | 2010-09-29 12:59 | レッスン

ひな祭りのアレンジ

f0200036_21584760.jpg



先週のドライフラワーのレッスンで桃の節句のアレンジを作りました。
ナチュラルなウッドボックスに和紙でできたお雛様のオーナメントを囲むように
華やかな花材を挿していきます。


f0200036_220424.jpg



ちょこんと伸びたラークスパーのドライ。
桃の節句らしい可愛らしいピンクがお雛様を引き立てているようです。

チューリップがドライになったのは初めて見ました。
深い紅色に白く縁取りされたレオビゼール。
先生のアトリエで生花のレオビゼールが並んでいたのは圧巻でした。
ひとつひとつ丁寧にワイヤリングしてドライにしたそうです。
丹精込めて作られたお花だからこそ、綺麗さが引き立つのでしょうね。


お内裏様の傍に寄り添っているのはチューリップのアンジェリケです。
今年もベランダで育てていますが、綺麗に咲いたら私もドライに挑戦しようと思います。


【花材】

チューリップ(レオビゼール・アンジェリケ)  スプレーバラ(ローラ・ウィット)
ラクスバー  ユーカリポポラス  ガマズミ  アジサイ  ケントビューティ・カルカータ
バーゼリア  ヘデラベリー  イタリアンルスカス キンポウジュ
[PR]
by m_flower22 | 2009-03-03 21:58 | レッスン

秋色アレンジ

f0200036_13542483.jpg


ドライフラワーのレッスンで作ったアレンジです。
すっかり秋も深まった今の季節にぴったりな花材~ワレモコウやリンドウなど~をふんだんに使って
シックな『和』のアレンジができました。

もう少し、風が通り抜けるような・・そんなボリューム感を出したかったのですが
まだまだ修行(?)が必要です。

少し遊び心のある茎の曲がったヨウシュヤマゴボウ・・
このお花は野に咲く花で道端などでも見かけられるそうです。
毎朝、散歩をされている先生がこれを見つけてドライにされたそうです。

ゆっくり歩いているとこんな小さな野の花にも目が留まるものなのですね。
[PR]
by m_flower22 | 2008-10-20 13:48 | レッスン

リース&リース

f0200036_14203931.jpg


ここ何日かでだいぶ過ごしやすくなりましたね。
朝、掃除や洗濯をしていても汗をかかなくなってきたのが本当に嬉しい。
爽やかで身体もよく動きます(笑)

昨日は月1回のドライフラワーのレッスンでした。
今回はナチュラルな素材をふんだんに使ったリース作り。

大小のリース台にモスをまきつけてからキンポウジュやアジサイで土台を作り
色々なお花を差し込んでいきました。

f0200036_1420524.jpg


スプレーバラ、ルリタマアザミ・ベッチーズブルー、エキナセア、アンモビューム、
オレガノ、ニゲラ・オリエンタリス、ライスフラワーなど
名前は当分覚えられそうもありませんが(笑)、
先生のレッスンでは素材をふんだんに使ってくれるので
まだまだ初心者の私にはとても勉強になります。

二つのリースを同時進行で作っていくのですが、
色のグラデーションを考えながら挿していくのはなかなか大変でした。
気がついたらあっという間に2時間経過・・
時間がオーバーしてもゆっくりとやってください・・という先生のお言葉に甘えて
結局3時間近くかかってようやくできあがりました。

まだまだ形はいびつですが、シックな色調の雰囲気がとっても気に入っています。
先生のショップで少し材料を調達してきたのでまた練習に励みたいと思います。
[PR]
by m_flower22 | 2008-09-10 21:19 | レッスン


リース作りと日々のこと


by m_flower22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

wreath
花雑貨
委託販売
イベント
webshop
リースの会
ワークショップ
花とグリーン
ベランダガーデニング
雑貨
日々のこと
Outdoor
いろんなお店
お知らせ
レッスン

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

画像一覧

タグ

(81)
(57)
(23)
(20)
(16)
(15)
(15)
(10)
(9)
(9)
(6)
(4)
(4)
(2)
(1)

検索

その他のジャンル